札幌市水道記念館

水道記念館ってどんなところ?水道記念館ってどんなところ?

ふだんの私たちの生活では、蛇口をひねれば、いつでもどこでもきれいな「水」が出てきます。
この「水」は、いったいどうやって私たちのところまできているのだろう?そんなことを考えたことありますか?
札幌市水道記念館は、水道を通して自然と人のかかわりを考え、水や自然の大切さを感じ取ることができる体験型ミュージアムです。

水道記念館について水道記念館について

水道記念館は、藻岩山山麓である中央区伏見4丁目に位置し、建物の背景には緑豊かな山容を擁し、前面には札幌の市街地を見渡すことができます。周辺には、伏見稲荷神社、藻岩山ロープウェイ山麓駅などがあり、観光客や余暇を楽しむ市民で賑わうスポットとしても注目を集める地区にあります。
水道記念館建物
平成19年度土木学会「土木遺産」選奨
平成21年3月札幌市「札幌景観資産」指定

広場スペース/噴水広場
水道記念館前の配水池上面を活用した広場。開放しています。

藻岩浄水場
札幌市の中心部に給水され る水道水をつくっている浄水場です。

カナール広場

アクアミュージアム~豊かな水のめぐみを訪ねる旅~アクアミュージアム~豊かな水のめぐみを訪ねる旅~

「豊かな水の恵みを訪ねる旅」をテーマとした展示スペースです。
大自然から都会を結び、やがて海へと向かう水の旅をたどります。
水の流れに沿って5つのゾーンを設け自然・水・くらしの関わりを紹介しています。

1.水源の森~自然のめぐみにふれよう~

水の旅のはじまりです。 このゾーンでは「森と水」という視点から、水源の森の豊かな自然を紹介します。 特に森の保水力について紹介し、水源の森が札幌の水にとって大切な役割を果たしていることを伝えます。

2.水工場~水道のしくみを探ろう~

2.水工場~水道のしくみを探ろう~

「水をつくる」「水を守る」「水を届ける」の3つのコーナ ーで構成されています。水源から各家庭へ安全でおしい水が届けられるまでの工程や工夫、水や水道管を守るためのさまざまな取り組みなど、水道事業の全貌が分かるゾーンです。楽しい実験、多彩な体験が出来るゾーンです。

3.アクアタウン~くらしの水を見つけよう~

3.アクアタウン~くらしの水を見つけよう~

街をイメージしたゾーンです。各生活での水使用量がわかる家、世界の水事情やアニメを上映するミニ映画館など、楽しく展示が展開します。そのほか、水道局の取り組みと、わたしたちが日頃から実践できる災害の備えについても紹介しています。さらに、地震に強い配水管(耐震管)の模型も展示しています。

4.サイエンスパーク~水と遊ぼう~

4.サイエンスパーク~水と遊ぼう~

このゾーンの目的はとにかく楽しく遊んでもらうことです。空間をダイナミックに利用した巨大なジャングルジムをはじめ、水がもつ科学的特性を活かした参加体験性の高いアイテムを多数展示しています。 水と親しみ、遊びながら、水の不思議や素晴らしさを感じ、水の科学的側面に興味をもつきっかけとなるような展示です。

5.水道プレイスタジオ~身近な水道マンを探そう~

5.水道プレイスタジオ~身近な水道マンを探そう~

水道水が水源からわたしたちのお家に届くまでをボールコースターで学ぶことができます。また、安全な水道水を安定してお届けする「水道マン」のお仕事を紹介しています。

屋外広場はこちら
水道記念館へのアクセス
アクセス
詳しいアクセスはこちら

札幌市水道記念館

【住所】〒064-0942札幌市中央区伏見4丁目
【休館日】月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)
【開館時間】9:30~16:30
【TEL】011-561-8928011-561-8928
【FAX】011-532-3327
ページの上へ