当協会は、昭和54年に「財団法人」として設立され、平成24年に、より経営の自由度が高い「一般財団法人」として新たなスタートを切りました。

この間、水道事業の専門的協力機関として、「水道」という市民生活のライフラインを支える一翼を担いながら、「安心して使っていただける水を安定的に提供する」という役割を果たすために、知識と技術力を培ってまいりました。

しかしながら、近年の厳しい経済状況や人口増加の鈍化から減少への流れ、さらには節水意識の高まりによる水需要の減少、高齢化による技術継承問題などの社会経済情勢の変化に伴い、受託事業における民間企業との競争が激化するなど、協会を取り巻く経営環境は厳しさを増してきています。

こうした状況の中で、今後とも協会が存続し、発展を続けていくには、これまで培ってきた知識や技術力をさらに高めていくとともに、職員個々が持っている力を最大限発揮し、信頼性の高い業務執行やきめ細かい顧客対応などに努めることはもちろんのこと、協会ならではの優位性を発揮するため、広域的支援についても視野に入れた、柔軟な事業展開を打ち出したところであります。

今後も、当協会の理念・方針のもと、すべての職員が心を一つに、協会を取り巻く課題に果敢にチャレンジし、継続的かつ安定的な事業運営に向けて様々な取組みを進めてまいります。



理事長写真 一般財団法人札幌市水道サービス協会理事長 谷 口 芳 憲

安心して使って頂ける水道水を安定的に提供していく。水道事業の支援団体として信頼に応える

当協会は、水道事業の支援団体として札幌市水道事業の一翼を担い、信頼を積み上げてまいりました。
今後とも設立以来、三十余年の間に培ってきた信頼をより高く積み上げ、これまで以上に自主自立を図るとともに、積極的な事業運営の姿勢を示すこととし、基本理念を「安心して使って頂ける水道水を安定的に提供していく水道事業の支援団体として信頼に応える」としております。

札幌市水道局とのパートナーシップ推進

当協会は、設立趣意である「水道事業の円滑な運営と市民福祉の向上に寄与する」という使命を全うするため、運営方針である札幌市水道局とのパートナーシップ推進を基軸とし、より安定的な運営に努め水道事業の能率向上に寄与してまいります。

技術者の確保・育成に努め、札幌水道からの技術継承と新たな領域での技術習得を推進することにより高度な技術力を提供していきます。

災害時協力支援・事業の広域化・国際協力などに参画し、水道事業の発展に貢献していきます。

健全な財務状況と安定的な事業運営により、水道利用者や顧客の信頼に応えていきます。

安心して使って頂ける水道水を安定的に提供していくために必要となる安定的で持続的な事業推進を目指し、3つの視点で協会運営を進めていきます。

知識集約型事業の開発、他民間企業との連携、競争力の強化
(C) 2017 Sapporo Water Service Association All rights Reserved.